読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

31歳

la vita

6月7日で31歳になりました!
結婚も控え、本当に大人になるんだなという心地です(今ごろか)

結婚のことも色々決まってきました。昔から憧れていた大阪の神社での神前式のあと、近くの老舗料亭で会食。
料亭は古びた感じがとても愛らしく、披露宴会場みたいなとこよりもずっといいと思い、そこにしました。
衣装は白無垢と色打掛、もしくは何故かうちに眠っている引き黒振袖を持ち込み。
誕生日の日に彼と最初の衣装合わせに行ってきましたが、白無垢はかわいくて綿帽子もキュートで、これを着られるのかーと今からウキウキです。
衣装は和装のみなので、瞬時に決まりましたが、ドレスを着る人は大変だろうな・・・型とかいっぱいあるし、と思いました。
ドレスも着たいのは着たいのですが、前撮りをする気はないので(最初は考えましたが彼のルックスが前撮りに対応できるものではなくこっぱずかしいため)、
青森に移住してから地元のカトリック教会でふたりだけで式をするのもいいし、などとぼんやり考えています。(彼の実家がカトリックなため)

あとは誕生日の前日には念願の婚約結婚指輪を買ってもらいました!
今から2ヵ月後の受け取りが楽しみで仕方ない・・・まだ受け取っていないのにお店で死ぬほど写真撮りました。
とてもお気に入りの、美しいものを買ってもらい、本当に幸せです。私って単純だ笑

誕生日の日は不幸なことにフランス語の口答試験が重なってしまい(汗びっしょりかいて玉砕してきた)、
緊張したのですが、終わったあとは彼と堂島のリストランテでディナー。


すっごくいい雰囲気でお料理も美味しかったため、両家顔合わせの有力候補店に追加しました笑

週末は私の誕生日のために来阪してくれた彼と指輪購入、衣装合わせ、夙川の教会でコンサート聴く(タダ券を職場でもらう)、カラオケ、茶道具の展覧会(タダ券を職場でもらう)、
などで忙しく肝心の誕生日プレゼントを選びそこねてもらえなかったのですが(倹約デートばかりだ)・・・またいつかもらう!

仕事はだんだんと忙しくなってきましたが、もちろん定時には帰れるので夜を有効活用できています。
都会を離れることが寂しく感じていましたが、青森では大学院でフランス語を研究することにしようかと思っているので、
それはそれで楽しそうかなーと思ったり。あとは都会のごみごみや大阪の治安の悪さ、電車の混雑など、田舎に行けば
ストレスフリーになることもあるので精神的には穏やかに暮らせそうかなと思えてきました。進歩!
また、この前青森に行った時感じたのですが、青森の方が大阪より断然子育てがしやすそうです。子供が遊ぶ場所や自然がたくさんあり、空気もキレイ。最近咳喘息がひどくアレルギー体質爆発してる私にも良さそうではないか・・・?とか。

とにかく以前よりは新生活への期待が大きくなってきました。あとは引越しまでにお金を貯めるのみ!です。頑張ります。