初めてのstollen

ハード系パンもドライフルーツも苦手なのでシュトレンなんか全然興味ない人生を歩んできたのですが、最近snsでやたらシュトレンシュトレン見るととたんに欲しくなるミーハーなので今日買ってきました。近くの雑貨屋さんで売ってた仙台のお店のシュトレン(ややこしい)スパイス控えめオレンジピールたっぷりで、なんと美味しいこと!これは他のものも食べたい!とすぐなってしまったのでした。この時期しか食べられないってのもイベント感あっていいですね。へへへ…。

f:id:kinomusik:20171212204942j:plain

今日はブリザードがすごいです。

年末だ

言うてる間に年末だ。

今年も去年と同じように、年末に夫の実家静岡に帰り、アウトレット行ってペンションに1泊して年始からは大阪へ。全く去年と同じだな。妊娠してると思ったのにな…今年の夏から病院に通い始め、転院して年末に初めての人工授精をします。体外受精に比べるとお値段お手頃だし、今回は自然周期でいくのでそこまで大変ではなく。ただ望みは薄そう。自然よりはほんの少し可能性上がるくらいでしょうか。まぁものは試し。助成金も出るし。


昔の恋愛のことを思い出してたんだけど、私は恋愛してもずっと不安なタチで、どんなに相手に好きって言ってもらっても不安で、どうせいつか私のこと飽きて別れるんでしょ?つまり私ひとりぼっちじゃん!って気持ちがどの恋愛においても常にあった。一種の病気のような。それで不安定になって相手を追い詰めて、ダメになった恋愛がいくつもありました。逆にそれがなければ大体の恋愛はうまくいってたのではなかろうか。

しかし!今の夫との恋愛中、私はその類の不安を感じたことがなかったのです。私はいつか飽きられて振られて結局ひとりぼっちになるんだ!、とも思ったことがなかった。2人でひとつ、これが事実!みたいな揺るぎない根拠なき自信がありました。結婚もごく自然な流れで、そうするのが当たり前みたいな感じで。いつお互いが結婚を意識したのか分からないくらい自然な流れだった。

夫の何が私をそうさせたのか?夫が私にベタ惚れだったから?週3回デートして毎日ものすごい数のLINEのやり取りをしていたから?何なんだろう?でも夫は出会った頃から私の隣にいるのがすごくしっくりきたんですよね。というか、隣にいるのが普通、いなきゃおかしい存在で、他の人たちとは全然違った。他の人たちはいることが特別で、だからいつかいなくなることに不安を覚えたのかもしれません。

私たちって運命だったのかな…?

というアホ話でした。

あ、雪がとっても綺麗です。

f:id:kinomusik:20171208165742j:plain

夏の北海道たび 後編

苫小牧からぐるっと遠回りして札幌へ。盛りだくさんの後編です。

 

続きを読む

夏の北海道たび 前編

なんだか旅ブログみたいになってるな。

8月の後半に12日かけて北海道へ行きました。左半分ぐるっと旅。長いので前編後編に分けますよ。

続きを読む

帰省

沖縄たびから大阪へ、ちょっと長めの帰省をしました。後半は奈良で仕事があった夫も合流。行ったところ箇条書き。

・京都

 大学時代の友人と、ジュヴァンセル行ってフジダイでお買い物。念願のジュヴァンセルは平日だったからか空いてました。

f:id:kinomusik:20170526132705j:plain

京都競馬場

 大学の友人と。結果トントンでした。ウマジョにも入れたし障害走も見られたし、満喫!ああ青森にも競馬場があったらなぁ…。

・夫と中之島バラ園、美術館

 その後南森町万両で焼き肉、イマドマでお茶。天六のハーブカフェにも。

f:id:kinomusik:20170528125315j:plain

 

f:id:kinomusik:20170528171442j:plain

中崎町

 これも大学の友人と。久々に会う子。変わってなかった。中崎町はだいぶ変わってました。

・裏なんば

 前の職場の子とイタリアンバルで女子トーク。色んな恋愛の話しました。なんでこんなかわいくて気だてのいい子が結婚できないの…。

・天満

 夫と、私の友人2人とで飲み。夫はかわいい女の子に囲まれてたいそう楽しかったもようで「ヤバい(自分が)」と言っていました。

・長浜、近江八幡

 レンタカーを借りて滋賀へ。長浜で鯖そうめん、近江八幡ではクラブハリエ。叶匠壽庵のカフェにも行ったり。夕暮れの日牟礼八幡宮と八幡堀がいい感じでした。

f:id:kinomusik:20170602155253j:plain

f:id:kinomusik:20170602170559j:plain

 帰りにさらさ西陣に寄ったり。

f:id:kinomusik:20170602201612j:plain

・兄夫婦宅

 2回行って甥っ子たちと遊びました。1歳半、今が一番かわいい!癒やされました。予防接種にも付き合ったり。男の子かわいいね。

・テイタンフォ

 台湾で行けなかったので帰省最終日に夫と梅田の店舗へ。30分待ちましたが美味しかった!また行きたい。

f:id:kinomusik:20170604115734j:plain

こんな感じで半袖で大阪を歩き回り、帰ったその日青森は大阪より10度気温が低く真冬レベル(12度とかそんなんだった)凍えました。

実家でも何度かご飯を作り、両親ともに喜んでました。年3回も帰省できることに感謝。

沖縄たび

だいぶ前ですが夫の出張に便乗して沖縄に行ってきました。人生初。わくわく。

1日目:青森から羽田、羽田から那覇と長旅。海外なみ。梅雨だったからか沖縄は涼しかった。レンタカー借りてまず海中道路に行ったんだけど干潮で全然楽しくなかった。果報バンタに行き、国際通り近くのホテル(安い割に綺麗で広かった)でチェックインして第一牧志公設市場で夕食。海ぶどうラフテー、ゆし豆腐、ソーキそば、全部初めて食べた笑 夜の那覇こわい…。

f:id:kinomusik:20170518180208j:plain

2日目:午後から夫は仕事、なので午前一緒に首里城めぐり(工事中で楽しくなかった、学生にもまれた)ぶくぶく茶(苦い)飲んで夫は仕事へ。私はひとり金城町石畳をぶらり。人がいなくて昼なのに怖かった。ホテルへ戻ろうとバス停で待ってたら中国人4人組に駅までのバスを聞かれ答え、バス待ってても来ないので見かねたタクシー運転手に誘われてタクシーでみんなで駅へ。(この間頑張って英語で通訳)ひとり110円のところ中国人が全部出してくれた。ありがたや。その後やちむん通りをぶらり、あんまりいいものがない。ホテルに戻り昼寝。スタバでお茶して夜は夫と居酒屋へ。

f:id:kinomusik:20170519103047j:plain

 

f:id:kinomusik:20170519111230j:plain

3日目:まず北谷町アメリカンビレッジでパンケーキ、米軍ばかりのお店でパンケーキは素朴な味で美味しかったよ。紫芋あったかい味で美味しい。やちむんの里へ行き、今帰仁のカフェこくうへ。お皿がかわいすぎる!興奮しました。海と山の見える立地最高。古宇利大橋わたって備瀬のフクギ並木行って(ブヨに刺される)美ら海水族館へ。夕方に行ったので人も少なかったです。イルカショーなどもそんなに興味がなく夕方にしました。思ってたより小さかった。夜はなんかよく分からん沖縄そば

f:id:kinomusik:20170520103340j:plain

 

f:id:kinomusik:20170520145647j:plain f:id:kinomusik:20170520164140j:plain

 

 

 

4日目:朝から平和祈念公園へ。資料館まわって最後のごはんは屋宜家の沖縄そば。沖縄の古民家のお店。すっごい人気でわりと広いのにめっちゃ並んでた。ジューシーとジーマミー豆腐がついてて美味しかったし、なによりデザートで頼んだくずもちが温かくて最高に美味しかったです。そして私は大阪へ、夫は青森へ別々に帰りました。

f:id:kinomusik:20170521130044j:plain

色々めぐって夫は大満足だったもよう。もう1回行きたいね!とか言うてます。確かに海外みたいで楽しかった。私はつぎは離島に行きたいな。

梅雨だったけど雨も降らなかったしなによりそこまで暑くなくて、なんなら同じ時期の青森の方が暑かったみたいで、ラッキーでした。

弘前城の桜

 長期休暇は寸前まで迷った挙句、海外は諦めて(金銭的に)北海道左半分ぐるっと旅にしました。フェリーで車ごと行ってぐるっとします!11日かけて!わりと疲れるであろうことが今から予想されます笑 代わりばんこで運転しないと。

 頻繁に書こうと思いつつずっと放置していたこのブログ。ハハ…そういえば桜のことも書いてない!書きます。

 今年は友達2人が関西から桜を見にきてくれて(うち1人はGWに来たため桜はすでに散っていましたが)楽しい春となりました。花筏もたっぷり堪能。蕾の時期からほぼ毎日お城に通い、20回は行ったと思います。夜桜ふくめ3回ほどお花見もしました。ほんとうに美しい弘前城の桜。人もそんなに多くないし。長かった冬が終わり(しかし夜は一桁に冷え込みダウン必須)やっと雪も溶けて北国の幸せ爆発!弾けた笑顔の人々を見ました。北国の春はまさに感情の爆発です。

f:id:kinomusik:20170430102720j:plain

f:id:kinomusik:20170427211540j:plain

f:id:kinomusik:20170423145640j:plain

f:id:kinomusik:20170430103251j:plain

f:id:kinomusik:20170423134253j:plain